贈り主のセンス

人に何かを贈る時って
ほとんどの場合がポジティブで、
なんなら優しい気持ちの時だと思うんですよね。

それを買う時には必ず
その人の顔を思い浮かべてるはず。

贈られた側は、
中身がどんなものであっても
嬉しいのには変わりないんですけど、

いや、でも僕たち人間ですから
誕生日やXmasなんかに
欲しいと思っていた物じゃなくて
ガッカリした記憶ってあると思うんです。

しかしですね、子供ならまだしも
大人になってからは、
ちょっと違うな。と思っても
ありがとう!大事にするね。
ありがとう!使わせてもらうね。
くらいは言えると思うんです。

そのあとは、頂きものなので、
食べ物だったら近所にお裾分けしたり、
元カレ・元カノからもらった
貴金属だったら質屋に持ってくとか、
まぁ、ありますよね。

でもね、いるんですよね!
メンタルが強い人って、
心臓に毛が生えてる人って。

僕の同い年のDポンは、
プレゼントが気に入らないからと
箱から出さずに贈り主に返したそうなんです。

そりゃもう切なかったと思いますよ。

ご心中お察ししますよ、もうね。

そういう経緯と縁があって
僕の方に回って来たのですが、

い、いらないかも…

このままDポンに
着払いで送ろうかと思います。

このアイテムを
オシャレだとチョイスする
マッカ兄さんのセンスたるや、
流石の一言です。

皆さんは真似しないように〜!!

と、CNA77年生まれ会のお話でした。